RSSはこちら

交錯世界

むーたんの一次創作を投げ込むブログです。絵も文もきっとあります。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄01⁄08(Wed)
  • 04:57

キャラ紹介:深冬

深冬
年齢:不明
身長:161cm
体重:50kg
性別:女
誕生日:不明
髪色:青
目の色:緑
輪郭:丸顔
千春にもらったマフラーをつけ、ツインテールでゴムは雪をイメージした丸い球状のものかポンポン。
いつも怪我をしているので鼻のばんそうこうがない姿は稀。前髪はいつもピンでとめている。
服装はサンタを思わせるような赤いモコモコの服を着ている

メモ
過去
物心ついてしばらくしたくらいに先代の冬の化身に、“冬”を押し付けられてしまった。
元々は人間だったのに化け物になってしまったが、それに気づくのは化け物とののしられるようになってからだった。そもそも冬の化身になってから感情で吹雪が起きたり、鋭利な氷が降ってきたりしていたため、化け物とののしられるようになった。深冬はみんなと同じということを疑うこともなく、普通に親の元で生まれていたため、自分が異なる存在とは思ってもみなかった。しかし深冬は訳も分からず村を追い出され銃で撃たれた。そのため人間に酷く恨んで出会う人間を凍りつけては砕いてというようなことをやっていた。虐げる者たちを全員死に追いやった。しかし、ある日千春に出会い「俺も同じ化け物」と伝えられ仲間がいることを知って困惑はするが千春の優しさに触れ久方振りに思いっきり泣いてしまった。それから深冬は千春そのものを温もりだといい、これ以上に暖かいものなんてないんだと信じて疑わない。千春以外見えなくなってしまった。千春以外にはそっけない態度をする。
あの日から千春が自分の全てであり千春に依存している。

スポンサーサイト
category
キャラ紹介

TrackBack Url

http://mururunn.blog.fc2.com/tb.php/7-3d849300

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。