RSSはこちら

交錯世界

むーたんの一次創作を投げ込むブログです。絵も文もきっとあります。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄01⁄01(Wed)
  • 23:27

キャラ紹介:夏海

夏海
年齢:不明
身長:163cm
体重:52kg
性別:女
誕生日:不明
髪色:金髪
目の色:オレンジ
輪郭:丸顔
髪には大きなリボン、そこがチャームポイント←
服はパレオに似た感じので、羽衣をイメージした布を身にまとっている。


メモ

人柄
明るくて、まっすぐな性格をしている。シレーナと出会った時から分かる通り物事を自分で知って理解しようとする。
そのため偏見に囚われたりしない傾向にある。現実的で冷静な判断をするタイプ。だけど悪乗りが酷かったり、
千春をからかったりして遊んだりとかもするという親しみやすい面もあるためただの真面目な人という訳ではない。

過去
元々人間に嫌悪感があったわけではないが、好きでも嫌いでもなかった。何も知らないので興味あった。
シレーナに出会って、歌をきっかけに人間に興味をもった。
接すれば接するほど健気で純粋なシレーナが好きになり、親友のような存在になった。
しかし、シレーナは母を救うために王の妃になろうとしたが、他の貴族たちの謀略により逆賊に仕立て上げられ、
呪われた海とも言われている海に墜ちて航海する人達を惑わせるセイレーンという魔物になった。
セイレーンを討伐すべく立ち上がった勇者によりシレーナが殺されたことに怒りを覚えた夏海だったが、
千春に何度も止められ仇討ちはやらず終い。しかし、それ以降は考えを改め人間と向き合うようになった。

「人間もまだまだ捨てたものじゃないね」
夏海にそのようなことを思わせたのは千春のいた森で迷子になっていた弥生が、弥生の世界で1年間たったということで
再会するためにあの森に訪れたときに鉢合わせした。弥生の言葉が決して偏見によるものではなく、
ちゃんと向き合ってのものだったためとても好意的に思っている。
スポンサーサイト
category
キャラ紹介

TrackBack Url

http://mururunn.blog.fc2.com/tb.php/5-723beba4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。